Top / 大家様ブログ / 2017-10-19

室内写真撮影の基本

物件検索サイトに掲載できる写真は20枚前後が目安となります。

そこで、限られた枚数の中でお部屋探しをしている人にできるだけ多くの情報を伝え内見へとつなげるために、1枚1枚意図を持って丁寧に撮影していきます。室内写真を撮る際の構図は、下の5か条が基本になります。まず、空間を広く撮ることを意識しながら、床から70~80cm前後の位置でカメラをまっすぐ水平に構えます。そしてこの1枚の写真で相手に何を伝えたいのか、シャッターを押す前に数秒だけ頭の中で整理してから撮影するだけで写真の質はぐんとよくなります。(全宅管理オーナー通信から抜粋)

室内写真撮影の基本の「き」5か条
1、とにかくまずは広く撮るべし
2、目線はまっすぐ撮るべし
3、視点を下げて撮るべし
4、視線を通して撮るべし
5、何を伝えたいのか考えて撮るべし



コメント